太陽光発電の寿命

| 未分類 |

gf1940281802l

太陽光発電は数ある再生可能エネルギーを利用した発電システムの中でも特に利用しやすい事から一般家庭向けの小型の発電システムも多く開発されています。

そのため多くの人が自宅の屋根に太陽光発電システムを装備している方を目にする事が出来ますが、太陽光発電は導入にそれなりの費用が掛かるためその分の利益を上げる事が出来るかが気になるという方も多いのではないでしょうか。

太陽光発電システムにも残念ながら寿命はあるそうですが果たしてその寿命はどの程度で尽きてしまうのでしょうか。

太陽光発電システムの寿命は平均で10年程といわれています。この寿命はパワーコンディショナーと呼ばれる太陽光発電システムを構成する機器の寿命を指しており、ソーラーパネルの場合は最長で30年以上は稼働し続けるそうです。

国内の太陽光発電の保障期間も大抵は10年保証となっているので、10年目以降は太陽光発電の呼称も念頭に入れて修理費用を用意しておいたり買い替えなども検討したほうが良いかもしれません。

仮に10年動いたとして十分な利益を上げる事が出来るかどうかはかなりギリギリだそうですが、最近は売電価格も減少しているので出来る限り早く太陽光発電を導入したほうが良いかもしれません。