gf1940281802l

太陽光発電といえば世界中で利用されている再生可能エネルギーを利用した発電システムですが、最近はただ単に昼間の電力を賄うだけでなく太陽光発電を利用して副収入を得る事が出来るようになったといいます。

その理由が太陽光発電システムを導入した際に利用できる売電制度と呼ばれる制度で、太陽光発電によって得た電力を利用することで副収入を得る事が出来るのだそうです。

果たして売電制度とはどのような制度なのでしょうか。

太陽光発電の売電制度は太陽光発電によって得た電力が昼間使用している電力よりも多かった場合に利用できます。

発電して余った電力をそのまま電力会社に売却する事によってこちらは昼間の電力の余りを全て電力会社に譲る代わりに収入を得て、電力会社余った電気を様々な目的に利用しています。

この売電制度は日本では太陽光発電をより普及させるために非常に高額な買取設定にしており、発電を完了してからその日の倍電価格を10年間固定する事が出来ることも太陽光発電人気を集める理由になっています。

来年度から売電価格が下がるとも言われているので太陽光発電に興味があるという方はなるべく急いで導入したほうが確実に利益を手に入れる事が出来るはずなので必要以上に迷う前にまずは情報収集を始めてみましょう。