海外の太陽光発電

| 未分類 |

gf1940281802l

太陽光発電といえば再生可能エネルギーの代表的な存在ですが、今太陽光発電を取り巻く環境は大きく変化しています。

2011年の東日本大震災をきっかけに太陽光発電を初めとした再生可能エネルギーに新たに注目が集まるようになり、その中でも特に個人用の発電システムを導入しやすい太陽光発電を普及させるための製作を打ち出した事によって国内メーカーはもちろん海外のメーカーも太陽光発電システムの売込みを行うようになりました。

現在も数多くの海外メーカーの太陽光発電システムが販売されていますが、一体日本のメーカーとどのような点が異なるのでしょうか。

海外の太陽光発電システムは国内のものよりも低価格で販売されているといいます。その理由は工場で大量生産を行なう事が出来るという点にあり。

大量生産する事が出来る分コスト削減が出来、国内のものよりも安く手に入れる事が出来るそうです。更に国内メーカーが用意している保証期間よりも長い保障期間を設定している企業がほとんどで、長い間安心して発電システムを利用する事が出来るといえます。

しかし海外の発電システムは日本で使用することを想定していない分あまり性能を発揮する事が出来ないのではという意見もあるので、発電システムを導入する際はよく下調べをしておきましょう。